晩婚化

女性の社会進出や晩婚化の影響で生涯結婚しない人がとても増えています。1950年の男性の平均初婚年齢は26歳、女性は23歳でした。2011年の日本人の平均初婚年齢は男性が30.7歳、女性が29.0歳。価値感や社会環境の変化がこういった現象を生み出しているのだと思います。

一生結婚しない人の生涯独身率は年々増えており、男性の前は20%、5人に1人は独身である。女性は10.6%となっている。

一方で、結婚しようと考え、一所懸命婚活活動している人もいます。最近は行政も動いて地域主催の合コンや婚活パーティーなども盛んです。

理想の相手を見つけるコツはやっぱり沢山の異性と会うことです。沢山の異性と会うことで自分のことを考え、経験を積み、そして自分に合う男性が見つかる可能性も高くなります。

30代以上になると、出産のこともあり、結婚に対して少し焦りが出始める頃です。体のことや、生まれてくる赤ちゃんのことを考えても初産は35歳ぐらいまでがいいと言われています。

いい人と出会うために合コンや婚活パーティーに参加している人もいると思います。そのようなケースで30代からの婚活ではしっかりとした考えと行動、選択が大事です。

例えば、参加する婚活パーティーの参加条件をよくチェックしなければいけません。20代中心のパーティーでは、相手は結婚というより単なる出会いを求めてきているパターンが多いと思います。なので、35歳以上の人が中心になっているパーティーに参加するべきです。35歳以上であれば結婚を意識ている人が多いはずです。

また、医者とか弁護士などの人気の職業である男性が参加するパーティーもおすすめしません。こういった方がわざわざ婚活パーティーに来て求めてる女性は自分よりも若い20代の女性を求めてきているパターンが多いようです。こういった現実があるということも知っておいたほうがいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする