自衛隊は人気の職業


高度成長時代にはまだ自衛隊が憲法違反の存在であるという論調があり、今に比べると相当日陰の存在だった。こういった事故もあった。自衛官は常に国民に遠慮する活動して訓練中の戦闘機が事故を起こした際に、住宅地に墜落させていけないという信念のもと機首を住宅地と逆の方向にコントロールしている間に脱出のタイミングを逃し、墜落して死亡したという事件も起こっていた。

影の存在でーあったがために自衛隊は一般国民に対し偉そうな態度をとることはなく、まさにを公僕という言葉に近いところにある。この謙虚な態度は自衛隊の財産であり失ってはいけないことでもある。

しかし、自衛官が日陰の存在として扱われていることに対して正面から不満を持ってる自衛官は、実は少ない。理由としては社会的地位に憧れて自衛隊に入る人が少ないからです。一方、 PKO など国際舞台に出て行く任務の人気は高く、仕事にやりがいを求めてる自衛官が多いことも事実です。陸上自衛隊の中でも以前は、施設科は人気のない職種だったが、 PKO に参加できる可能性があるので、最近では、施設科は人気職種。

自衛隊の社会的地位は、以前に比べると非常に向上している。自衛官を採用する地方連絡部は、自衛官の募集で大変苦労していたようです。最近では、試験を落とさなければならないほど志願者は増えている。

特に地方では自衛隊は人気職となっています。女性にとっても人気が高く、男女差別をほとんど受けずに評価され昇進もできる職場として女性の志願者が増えている。また、バブル崩壊後、安定を求めて自衛隊を志願する人も多いです。近年は、PKO など仕事としてやりがいを感じられる職場として人気が出ており、仕事の数が少ない地方では自衛隊が多いということもあり、日本は全国レベルで人気の職業です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする