自衛官になるために

自衛官になるためには六つのコースが主にあります。自衛官候補生、陸は2年、海・空は3年。入隊して3ヶ月間は自衛官候補生として経験を積み、その後に2等陸・海・空士に任命されます。任期終了後は民間企業へ就職したり、継続任用も可能。選抜試験で合格すれば曹へ進むこともできます。対象年齢は18歳以上27歳未満。

一般曹候補生、舞台の中核である曹を養成するコース。陸・海・空の各部隊で経験を積み入隊後2年9ヶ月以降選考により曹へと昇任します。対象年齢は18歳以上27歳未満

航空学生は航空自衛隊のパイロット・海上自衛隊のパイロット及び戦術航空士を目指す幹部自衛官養成コースになります。高校卒業後最も早く機長として活躍できまゝ。対象年齢は18歳以上21歳未満。

防衛大学校学生は、幹部自衛官を養成する学校で4年間の過程を経て、陸・海・空の各幹部候補生学校を卒業後、幹部自衛官3尉となります。対処で値は18歳以上21歳未満。

防衛医科大学校医学科学生和医師である幹部自衛官を養成する学校。卒業後幹部候補生学校で教育を受け、医師国家試験に合格した者は医師免許が与えられ幹部自衛官2尉となります。対象年齢は18歳以上21歳未満。

防衛医科大学校看護学科学生は保健師・看護師である幹部自衛官を育成するコースです。保健師・看護師国家試験受験を経て、幹部候補生学校卒業後、幹部自衛官3尉となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする