海上自衛隊航空部隊

海上自衛隊航空部隊は島国である日本司法海に囲まれています。海上自衛隊の組織は護衛艦・航空機・潜水艦などからなる。自衛艦隊と大湊、横須賀、舞鶴、呉、佐世保の5箇所を拠点とした地方隊に分けられます。ここでは約43000人の隊員達が従事しています。

海上自衛隊が所有する航空機は、固定翼哨戒機、救難飛行艇、電子戦データ収集機、輸送機、哨戒ヘリコプター、掃海ヘリコプターなどが主です。洋上で警戒監視、データ収集、郵送、捜索救難、掃海業務などを行います。

陸上だけでなく艦船からも発艦、着艦できる航空機である艦載機は SH-60k 、 MC H-101などがあります。水面から離水、着水できる航空機出る救難飛行艇は洋上で乗員の救助で活躍します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする